転職に悩まない

以前は、生涯一つの会社でずっと働くことが美徳とされ、また、それが当たり前とされていました。
しかし最近は転職したいと願って人は少なくありません。
また実際に転職する人も増えています。


厚生労働省の報告によると、平成24年度入職者数は676万人に対し離職者数は673万人にものぼっています。
年代別にみると、20~24歳で男性の離職者は約24%、25~29歳まででは男性の離職率は約14%、30~34歳の男性離職率は約10%となっています。
これらの人の多くは、まだまだ働き盛りの年代なので、転職を望んだと言えます。
また転職入職者のなかで前職をやめた理由としては、男性はその他、定年・契約期間の満了以外では労働条件が悪いが約10%ほどにのぼりました。
女性も労働条件が悪いという理由は約15%ほどです。


実際にはこれ以上の人が転職を考え、その中の一部の人が実際に離職し、再就職したものと思われます。
ですから、今では転職もそれほど珍しいことではなくなりました。
企業側も中途採用を積極的に行うようになったので、転職も以前よりしやすくなったと言えます。


ただし、企業側が中途採用をするのは即戦力がほしいからです。
それまでの経験、技術が重視されます。
転職を考えているなら、まず自分の積んできた経験を分析し、これからどのようにやくだてられるのか、どんな技術があり、どのようにその技術を生かせるのかを考えましょう。
転職するにも、ただ以前の職場にいづらくなったからなど消極的な理由なら転職は考え直したほうがいいかもしれません。
モチベーションは大切です。
自分の夢を追いかけたく、またそれを可能にする条件があると思うなら、転職も有意義なものになることでしょう。


<特選サイト>
転職を考えているならこのような転職サイトを有効活用すると便利です・・・転職サイト

Copyright © 2014 失敗しない!転職のコツ All Rights Reserved.